• パンダ接骨鍼灸院 緑井本院

    082-876-3330

    マップはこちら

  • パンダ接骨鍼灸院 可部院

    082-847-6667

    マップはこちら

交通事故に遭ったら

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 交通事故後しばらくして痛みが出てきた
  • 初めて事故を起こしどうしたら良いか分からない
  • 身体に違和感を感じる
  • 怪我や痛みを完全に治したい

身体に痛みや違和感を感じたとき!広島市パンダ接骨鍼灸院グループ

交通事故によるケガで、病院や整形外科などの医療機関を受診し「頸椎捻挫」や「頸椎損傷」と診断され、その後の治療やリハビリで接骨院を受診した際も、ケガをした患部のみの治療で問題ないとお考えの方がほとんどではないでしょうか?

広島市パンダ接骨鍼灸院グループの交通事故治療では、ケガをした患部だけでなく、全身の状態やバランスを丁寧に観察し、患部だけでなく、必要に応じて身体全体へアプローチすることで、効果をより高めます。

当院では、施術を始める前に、現在の痛みやケガの状態、交通事故当時の状況や身体の向き、衝撃の強さなど、詳しく伺います。

例えば、交通事故の衝撃により、腰を強打したことで腰に痛みを抱えます。痛みのある患部をかばうために、いつもと違う歩き方や体重のかけ方になってしまったことで、膝に負担がかかり、腰の痛みだけでなく膝にも痛みを抱えているといったケースも少なくありません。

お身体全体の状態をしっかりとチェック

交通事故によるケガは、身体全体を診ていくと、ケガの患部だけでなく、身体の他の部位に影響していることも多々あります。広島市パンダ接骨鍼灸院グループでは、施術前のカウンセリングで、全身の状態を把握し、おひとりおひとりの痛みや身体の状態に合った施術を提案していきます。

首のむちうち症に関しても、患部である首だけでなく、背骨や骨盤などのゆがみを正常な位置に整えていくことにより、むちうち症自体の症状も緩和します。

頸椎は、背骨から骨盤へと続き、身体の中心を通り土台を築いています。これら全体の骨格を正常な位置に整えることは、現在抱えているむちうち症による痛みや不調の緩和だけでなく、治療期間短縮や後遺症のリスクを軽減することにも繋がります。

交通事故治療では、早めに接骨院を受診し、全身治療を行うことが大切で、治療期間やその後の生活の質にも深く影響します。
広島市周辺の交通事故によるケガは、パンダ接骨鍼灸院グループへご相談ください。

交通事故後に押さえておくべきポイント!|広島市パンダ接骨鍼灸院グループ

①交通事故直後に損害賠償の話をしてはいけません。

交通事故によるケガの治療費は、治療が全て終わり、治療費の総額が明確になった時点で交渉を始めましょう。交通事故現場で、示談書や念書に署名や捺印をすることもNGです。
交通事故後は、警察に速やかに連絡し、何か問題が発生した場合には、必ず第三者の専門家に間に立ってもらうことで、不要なトラブルを避けることができます。

②交通事故後は、医療機関を受診しましょう。

交通事故直後は、アドレナリンが出て興奮状態になっていることが多く、身体の痛みや不調に気づきにくい状態です。交通事故によるケガの症状は、時間が経過してから現れるケースもあるため、交通事故後は、病院や整形外科などの医療機関を受診し検査を受けることが大切です。
検査を受け、適切な治療を早めに受けることは、後遺症のリスクを軽減することにも繋がります。たとえ軽い痛みや症状であっても、放置せず早めに医療機関を受診しましょう。

③交通事故後は、保険会社への連絡も忘れずに行いましょう。

交通事故後は、被害者・加害者どちらであっても、保険会社へ連絡する必要があります。その後の補償の申請や需給にも関わりますので、保険会社へは事故後早めに連絡を行いましょう。
また、交通事故によるケガの通院で、事故後に受診した病院から違う病院へ転院した場合にも、保険会社への連絡が必要です。転院の連絡をしないままでいると、保険金が支給されないケースもありますので、忘れずに行ってください。

④交通事故後は、速やかに警察へ連絡しましょう。

交通事故を警察へ届けると、保険会社への保険請求の際に必要な交通事故証明が発行されます。
ご自身が加害者である場合、警察に届け出ない方もいらっしゃいますが、被害者・加害者いずれの立場であっても届出の義務が発生しますので、交通事故に遭ったら、速やかに警察へ連絡しましょう。
警察に届け出ないまま、示談や物損事故で終わらせてしまうと、時間が経過してから身体に違和感や痛みが現れた際に、保険会社へ治療費の請求ができない場合があります。

⑤事故現場で、必ず加害者の所在確認を行いましょう。

交通事故に遭い、ご自身が被害者の場合には、事故現場で、下記の被害者の情報を必ず控えておきましょう。
加害者の氏名
車種、ナンバー
電話番号
住所
会社の住所、電話番号など
携帯電話やスマートフォンのカメラを使用し、加害者の運転免許証や車のナンバー・車種などを写真で撮っておくとよいでしょう。

⑥治療・通院にかかった費用の領収書は、厳重に保管しておきましょう。

交通事故のケガの治療費は、自賠責保険や任意保険の補償でカバーされますが、保険会社への請求の際に、入院や治療・通院にかかった交通費を証明するものが必要です。交通事故によるケガの治療費や通院時に利用した公共交通機関などの領収書は、ある程度の期間、厳重に保管しておくようにしましょう。

⑦交通事故の目撃者の連絡先も確認しておきましょう。

交通事故の目撃証言は、示談交渉の際に大変重要です。交通事故現場に目撃者がいる場合には、出来るだけ、お互いの連絡先を交換するようにしましょう。
また、携帯電話やスマートフォンのカメラを使用し、事故現場の写真や動画を撮っておくことも大切です。

パンダ接骨鍼灸院グループ お問い合わせ・ご予約

パンダ接骨鍼灸院

  • パンダ接骨鍼灸院 緑井本院
  • 082-876-3330

住所
〒731-0103
広島県広島市安佐南区緑井3-2-3
  • パンダ接骨鍼灸院 可部院
  • 082-847-6667

住所
〒731-0221
広島県広島市安佐北区可部7-1-29

受付時間