• パンダ接骨鍼灸院 緑井本院

    082-876-3330

    マップはこちら

  • パンダ接骨鍼灸院 可部院

    082-847-6667

    マップはこちら

接骨院の上手な通い方

こんな症状でお悩みではありませんか

  • レントゲンでは異常なしと言われた
  • 病院の薬を飲むだけの治療を続けている
  • 一向に症状が改善されない
  • 身体をしっかりと診断してほしい

画像診断でわかりづらい症状は当院へご相談ください!|広島市パンダ接骨鍼灸院グループ

病院や整形外科などの医療機関では、交通事故が原因の痛みやケガに対し、レントゲンやMRIなどの画像診断で精密検査を行います。

ケガに応じて治療や投薬を行うことが多く、骨折などの骨の異常ではない神経や筋肉のダメージに対しては、画像診断で判断しづらいため、異常なしとされることが少なくありません。

異常なしと診断された場合、湿布や痛み止めが処方されることが多く、原因の特定がされないまま、適切な治療がされず、結果として後遺症が残ってしまったり、治療期間が長引いてしまうこともあります。

病院や整形外科などの医療機関を受診したが「異常なし」とされ投薬と続けているが症状が改善しない方、医師の指示どおり安静にしているが、症状が快方に向かわない方など、不安を抱えながら通院や生活を続けている方も多くいらっしゃいます。

こうした不安から解放されるためにも、ぜひ一度、広島市パンダ接骨鍼灸院グループをお尋ねください。

接骨院と医療機関の通院法|広島市パンダ接骨鍼灸院グループ

病院や整形外科などの医療機関の診断は、レントゲンやMRIなどの画像診断をもとに行うのが主流ですが、接骨院は、患者様の現在の痛みや症状、お身体全体の状態を細かく把握するため、触診を行います。

医療機関では、異常なしと診断されたが痛みや症状が改善しない方は、接骨院を一度受診されることをおすすめします。

病院や整形外科などの医療機関での交通事故治療は、下記の通りです。

1. 交通事故直後

交通事故後に、大きな外傷や身体に痛みを感じたら、病院や整形外科などを受診し、適切な検査と医師の診断を受けましょう。

医療機関を受診する際には、正しく検査や診断をしてもらうためにも、軽い痛みや症状であっても必ず医師へ伝えるように心がけてください。

交通事故によるケガは、事故から時間が経ってから症状として現れることもあるため、事故から時間が経過していても、痛みや違和感を感じたら、すぐに医療機関を受診することをおすすめします。

2. 症状別の通院方法

◇骨折
交通事故後に病院や整形外科を受診し、骨折と診断されたら、通院しながらの経過観察となります。

ギプスが外れた後は、患部の運動機能や可動域を元通りに回復させる必要があるため、リハビリが必要です。

接骨院では、それぞれの方の身体の状態などに合わせたリハビリを行います。手技と同時に筋肉トレーニングやストレッチも行っていくため、ギプスが外れた後は、医療機関と接骨院の併院をおすすめいたします。

◇むち打ち、腰痛
交通事故によるむちうち症(頸椎捻挫)や腰痛の治療は、後遺症などのリスクを減らすためにも、早めに治療を始めることが重要です。

 

接骨院では、後遺症のリスク軽減のため、筋肉の損傷や骨格のゆがみ、関節の炎症などに対しても施術を行います。

また、接骨院と併行して病院や整形外科などの医療機関へ通院することにより、現在の身体の状態を把握することができます。

接骨院で病院とは異なるアプローチを行うことは、後遺症のリスク軽減にも繋がります。

パンダ接骨鍼灸院グループ お問い合わせ・ご予約

パンダ接骨鍼灸院

  • パンダ接骨鍼灸院 緑井本院
  • 082-876-3330

住所
〒731-0103
広島県広島市安佐南区緑井3-2-3
  • パンダ接骨鍼灸院 可部院
  • 082-847-6667

住所
〒731-0221
広島県広島市安佐北区可部7-1-29

受付時間